会社ロゴ

エントリーシート
0479-20-8071
Business guide

業務案内
当社の主な業務内容

主な事業

浄化槽維持管理業務 ・浄化槽維持管理業務
・浄化槽の点検業務
一般廃棄物収集業務 ・銚子市委託ゴミ回収
・事業系ゴミ回収、段ボール回収
・粗大ごみ回収
産業廃棄物収集運搬業務 ・産廃収集運搬
(排水汚泥、廃プラスチック)
資源物収集業務
(もったいねぇ倶楽部)
・一般家庭の資源物収集(会員制ちり紙交換)
  新聞紙、雑誌PET、缶の収集

浄化槽保守

浄化槽は生きています。 適切な維持管理が必要です。定期的に保守点検を実施しましょう。

 点検清掃

浄化槽

浄化槽の保守点検とは、浄化槽の機能が正常に保持されるように浄化槽の点検、調整またはこれらに伴う修理または定期的な清掃作業のことをいいます。

 ・機能の診断/消毒剤の点検・補充/
 ・モーターの点検/汚泥の調整・移送/
 ・ほか


 浄化槽の管理(普段の生活での注意点)
 ブロワーの電源は切らない

非常のときを除き、電源は切らないでください。電源を切るとブロワから空気が送られるかくはん(散気)装置が働かなくなります。そのために槽内の微生物が死んだり、働きが悪くなります。

 浄化槽の上部又は周辺にはものを置かない

上には物を置かないでください。維持管理ばかりでなく、浄化槽を破損しないように十分気をつけて下さい。

 劇薬を含む洗剤の使用は避ける


 トイレットペーパー以外は使用しない

紙おむつ、衛生用品、たばこの吸殻を流さない

 油脂類はできるだけ浄化槽内に流さない

油が浄化槽内のろ床やパイプ類に付着して目詰まりをおこすなど機能低下の原因になります。

 故障や異常が発生した場合は保守点検業者に連絡する

浄化槽も何年も過ぎれば、経年劣化による自然故障が発生することがあります。そのような場合には、設置されている浄化槽の製造メーカーの営業所、販売・施行会社、保守契約先などに相談してください。

法廷検査 浄化槽の使用者(各家庭では通常世帯主)は、浄化槽が正しく機能しているかどうか、使用開始及び1年ごとに法廷検査を受けましょう。
7条検査
(設置後検査)
使用開始後3ヶ月を経過した日から5ヶ月の間に受けなければなりません。
この検査は、浄化槽の設備工事等、保守点検が適正に行われているかどうかチェックするためのものです。
11条検査
(定期検査)
7条検査実施1年後から年1回受けなければなりません。
この検査は、保守点検、清掃が適正に行われ、浄化槽が所期の機能を発揮しているかどうか確認するためのものです。 なお、10人槽以下の合併処理浄化槽の11条検査については、原則としてBOD検査委ににより機能判定します。
 確かな技術で適正な維持管理が提供できます。
      業務内容

      浄化槽の維持管理業務
      浄化槽の清掃業務
      排水管の清掃

     資格所有者

      浄化槽管理士
      浄化槽技術管理士
      浄化槽清掃技術者

廃棄物収集

家庭から企業まで ゴミの適正処理はお任せください。

      一般廃棄物収集・運搬
     ゴミを回収し、各自治体の清掃センターへ運搬しています。
      一般廃棄物収集運搬
       銚子市のゴミ収集委託業務
       家庭からの粗大ごみ回収
      事務系一般廃棄物収集
        営業エリア:銚子市、旭市、神栖市、鹿嶋市
       各事業所から排出される廃棄物の収集
 産業廃棄物収集・運搬
 様々な産業廃棄物の適正処理をお手伝いしています。
 油脂分離槽清掃作業/余剰汚泥/廃プラスチック類、他
   事務所から排出された産業廃棄物を産業廃棄物処分場へ搬入
   銚子市のゴミ収集委託業務
   家庭からの粗大ゴミ回収
   マニュフェストと履歴管理を適切に行います
  産業廃棄物収集運搬許可
   千葉県、茨城県、東京都、埼玉県

リサイクル

   再資源に戻す 大切な資源を有効活用するお手伝いをしています。
    小規模産業廃棄物処理施設

 発泡スチロールのリサイクル(産業廃棄物中間処理) 発泡スチロール/廃プラスチック
  漁業の町銚子より排出される発泡スチロールを資源原料に変えます。



 古紙、空き缶等のリサイクル   段ボール/新聞紙/雑誌/牛乳パック
  段ボール/新聞/雑誌、空缶等をプレス圧縮し資源原料に変えます。


 家庭から企業まで ゴミの適正処理はお任せください。

お問い合わせはコチラ

メールでのお問い合わせは24時間365日受付中!

0479-20-8071

電話対応時間:9:00~18:00

ページトップへ戻る